Obnizデバイスの情報をAWS IoTに流す方法につきまして



  • 現在はスクリプトベースでObnizBLEGatewayに接続してから
    LogttaCO2やiBS01TやBeaconからperipheralを取得してますが、
    それらの値(CO2濃度や温度湿度など)をAWS IoTに送ることは可能でしょうか。
    AWS IoTではHTTP、MQTTなどのプロトコルに対応しているようですが、
    具体的にはスクリプト内でデータを作成して送り出すと言うことになるのでしょうか。

    既に成功している方はどのような手法で行っていますか?



  • はい、可能です。

    ObnizBLEGateway ↔ node.jsアプリ ↔ AWS IoT のような構成にてAWS IoTへデータを入れることができます。

    HTTPであれば、node.jsのnode-fetchライブラリなどを使って送信することもできますし、awsが公式で出しているsdkを使うことも可能かと思います。

    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/iot/latest/developerguide/iot-sdks.html

    node.jsアプリ ↔ AWS IoTの間では、データはデバイスを経由しませんので、純粋なnode.jsとしてAWS IoTへのデータ送信を実装いただければと思います。


Log in to reply
 

SUGGESTED TOPICS